日々のあれこれ

社会人4年目26歳独身OLのありのまんま

神社とタカラヅカ。

先週の土日は珍しく両日予定があって、土曜日の出来事を長く語りたいので、先に日曜日のお話。日曜日は御朱印巡り。

8月という暑い中なので、京都大阪以外でという縛り。
まあ、だいたい神戸になるよな!(笑)


神戸八社巡りがあるということやったから、これにしようと決めて、プラス生田神社、湊川神社の10社巡りました(^ω^)


大学卒業ぶりくらいの神戸元町付近を歩くから、市営地下鉄とかマジで懐かしすぎた〜
毎日大阪から通ってたなあ〜と。


お昼は南京町で!高校んとき来たなあ〜とかいろんな思い出よみがえった。



いやーでも南京町は人多すぎ。そして、この日は蒸し暑くて、気温はそう高くないのに、汗は出るっていう嫌な天気やった( ;∀;)


一宮神社から順に巡って、生田神社も湊川神社も無事全部回れた\\\\٩( 'ω' )و ////



ほんで、土曜日!
土曜日は友達のお誘いで宝塚歌劇団の演劇を観てきた。生まれて初めて!!!

まずタカラヅカの劇場、外観からオシャレ。中の内装もオシャレ。劇場なだけある。めっちゃお姫様気分になれる。


今回観てきたのは、月組エリザベート
海外ミュージカルものやから、あんまりザ・タカラヅカではない。
ストーリーとしては、エリザベートが小さい頃に木から落ちて、冥界を彷徨っていると、死(トート)に出会う。エリザベートを見て恋に落ちたトートは、エリザベートの愛を手に入れると決め、エリザベートに生命を返す。その後、皇帝フランツに見初められて、皇后となるエリザベートが、皇室のいろんな伝統、縛りに反発して、フランツに訴えるも、聞き入れてもらえず、挙げ句の果てに皇帝フランツの不貞を知り、そんな皇室に嫌気がさし、子どもも置いて、ずっといろんな国を旅する。その中で何度となくトートはエリザベートにアプローチしていくが、最後は…というようなあらすじ。


さすがにトートは擬人化されてるだけやけど、そのほかの登場人物は全て史実に基づいてある。


月組トップスターの珠城りょうと
月組トップ娘役の愛希れいか。

友達から教えてもらったけど、このエリザベートの公演をもって、トップ娘役の愛希れいかは退団するんやって〜。


感想はというと、圧倒された!!!(笑)
愛希れいかの歌がすごかった!!!!しかも、うちの席からはステージってそんなに広く見えへんのやけど、何十人が一斉に踊ったり、舞台の回転装置が動いてたり。劇場自体も意外にも狭いんや!と思ったくらいやってんけど、狭さを感じさせないステージやった。


逆に珠城りょうの歌は…宝塚でも歌上手くない人っているんやという印象でした(笑)調べてみたら、トップスターの素質は歌、お芝居、スタイルらしいので、ほかが良いのかな〜
男役やるにはふさわしく、大柄な人ではあった!

初見としては多分いいミュージカルやったんやと思う!一般受けはしやすいから。歌が頭から離れへんくて、ずっと脳内でリピートされてた(笑)


すごいよかったから、今後の公演スケジュール見てたら、11〜12月がファントム!
劇団四季オペラ座の怪人を観たことあるから、宝塚版はどんな風になってるんやろうと気になって、チケット取りたいなあと思ってる。


雪組公演でトップスター望海風斗とトップ娘役真彩希帆。
友達によるとこのお二人は歌が上手いらしい。ので、まだチケット確保したわけちゃうけど、すんごい楽しみ。


なんか、誰々がすごいかっこよかったから!とか、可愛かったから!とかじゃなくて、演劇として次も観たい。


エリザベート観た後はグッズを見て回ったんやけど、いやー飽きへんな!誰が誰か、顔の判別はつかへんねんけど、飽きへん!(笑)


ほんで、色々宝塚について気になったから調べたんやけど、
タカラヅカって色々あるねんなあ!(笑)

芸名で呼ぶのかと思いきや、愛称があって、芸名からきてるものもあれば、本名からきてるものもあって、誰のことかさっぱりわからん。


あとやっぱり異常な人事とかあるみたいで、なんでこの人がトップスター?って言われてるトップスター、トップ娘役もいるし、逆に下級生に下剋上され、いたたまれない上級生がかわいそうとか。


2番手の位置付けがはっきりしやん!とか。調べたらものすごい興味深い内容がいっぱい出てきて、ここ最近通勤中もずっとタカラヅカについて調べてた。拠点は東京なのか宝塚なのかとか。専門用語とか。


うちんち、BS見れるけどケーブル買ってなくて、見れる状態ではなかったんやけど、NHK BSとかでたまにタカラヅカやるみたいらしく、観たいからアンテナケーブル買った(笑)あわよくばCSも無料の日だけ見れたらいいなあ。


でも二番目にいい席で8,300円(演劇やとそんなもんかな)やから、一回観に行くだけで結構な出費よなー。せっかくモノノフ活動やめたから、遠征代やライブ代がかなり浮くと思ってたけど、新たに観劇が趣味になろうとしてるから結局は同じくらいの出費が出る(笑)


しかも、エリザベート観て後悔したのは、プログラム買えばよかったーってこと。理解深めれるやろうに。


まだどの組のトップスターがどの人と即座に答えはできへんけど。今後も観たいやつ気になるやつあれば、行きたいなあ〜


モノノフとはまた違って、ドロドロしたものが垣間見えるのが、なんか親近感わく(笑)実際、民間企業とかでもお気に入り人事はあるし、そういうのがタカラヅカにもあるのね、と思うと親近感わく。


しかも、エリザベート観て思ったのは、うちもあんなキラキラな衣装着て歌いたかった〜ってこと(笑)あんなんなりたいなあって思っちゃったりするけど、時すでに遅し(笑)


余韻がすごくて、まじで3日間くらいはずっと曲も頭から離れんくて、ふわふわしてた。こんなことあんまなかったから、心奪われた、恋に落ちたってこんな感じなんかな?と(笑)



お金貯めて次はファントム観るぞーーー!!!!